仲介手数料は値引き交渉できる?

住まいの事をわかりやすく簡単に知る事ができる情報サイト

良く聞く仲介手数料。 それは一体何なのでしょうか。

一人暮らしや結婚、などなど、人生において幾度か住まいを変えられる方がほとんどだと思います。
中には、ずっと実家にいてそのままその住まいを親から引き継ぎ、生涯暮らす方もいるでしょう。

住まいを変わる時、今まで何も知らなかった事を知る事となり、また調べたりもする事になります。
引っ越しの時は、まずは家探しが一番初めのやる事ですよね。
情報誌であったり、ネットであったり。
直接不動産で探す方もいますね。

そんな時、良く見るのが仲介手数料という言葉。
なんとなく意味は見ての通りかなと分かる感じですが、詳しくは知らない、という方のために調べてみました。

仲介手数料とは。
家を購入するときや借りる時に、売るまたは貸す方と、買う、借りる方との間に入り、色々な交渉や意見の調整、そして契約の際の手続きなどを代わりに行う事で発生する金額の事をいいます。
簡単に言うと中間に入って、専門的な事を済ませてくれる代わりに代金を払う、という感じです。

手数料が必要な取引は、住宅や土地の賃貸借り、新築や中古住宅、土地などの売買の時です。
ですが、売主から直接購入などの場合は、手数料は発生しません。

詳しく説明すると、売買の場合の手数料は売主と買主がそれぞれに仲介会社に支払います。
上限は代金が400万円を超える場合、売買代金の3%に6万円、プラス消費税です。
支払いは契約時と引き渡しの時に半金ずつ支払うのが一般的です
そしてさらに、賃貸の場合はどうでしょう。
上限は家賃の一か月分プラス消費税、と決まっています。

観たり聞いたりする、仲介手数料、その意味は?

自分の住まいを実家から離れる時。 一人暮らしや結婚やさまざまな事情がありますよね。 そんな人生のイベントのひとつ、引っ越しの際にネットで物件探しをされる方が多いと思います。 そんな時によく目にするのが、仲介手数料。 これは一体何のことなのでしょう。 詳しく調べていきましょう。

必ず必要な仲介手数料は値引き交渉できるのでしょうか

仲介手数料は、支払う上限が決まっています。 ですので、たいがいが上限いっぱいに請求される、というのが一般的のようです。 逆にそれ以上は請求できないので、それ以上の金額は払う必要がありません。 そして、厳密なルールもないので、手数料の値下げ交渉は可能です。

賃貸や家の購入、それぞれ住まいのこと

自分が住む所をどんな家にするのか。 新築、中古を購入するのか、それとも賃貸に住むのか。 人生の節目において何回も住まいが変わる方もいますね。 いずれにしても、住まいを変えるという事は、とても大きい金額が発生するもの。 疑問や後悔のないように、分からない事は不動産会社へどんどん質問しましょう。

TOPへ戻る